コンテンツへスキップ

育毛剤の副作用 どんな恐ろしい効果があるの?

頭髪の悩みを抱くようになった時、まず目に浮かぶのが育毛剤なのではないでしょうか。テレビのコマーシャルで流れている商品もあれば、ドラッグストアにも置いてありますので、育毛剤の存在は誰もがご存知でしょう。
そのため、髪に不安が出たら「育毛剤を使おう」という気持ちになる心理はよく分かります。ですが、育毛剤には副作用があるものもあります。

・頭皮に悪影響
育毛剤の中には、頭皮にあまり良くはないものもあります。血行促進を意識するあまり、頭皮環境に刺激が強すぎる物もあります。育毛剤を使ったら頭皮がかゆくなったり、フケが出るようになるのはそのためです。
合っていないのではなく、痒くなったりフケが出る成分が含まれているためです。それでも毛根に良いとされているため、使い続けている人もいますが、結局はどちらを取るのかという話です。髪の毛を生やすために痒みやフケを我慢するか、あるいは痒みやフケに耐えられないので髪の毛を諦めるか。極論するとそのような結論になります。

・血圧に悪影響なものも
ミノキシジルが含まれている育毛剤は、発毛効果に関しては確かなのですが、血管拡張作用によって血行促進からの発毛促進を求めます。そのため、血圧が高くなります。血圧が高くなるので、クラクラしてしまったり、ボーっとしたり。
頭痛に似た症状を訴える人もいます。ミノキシジルの場合、発毛成分は確かです。毛を生やしたいのであればそのような症状は我慢すべきですが、あまりにも頭がクラクラするようであれば控えた方が良いでしょう。

・髪の毛に悪影響なものも
髪の毛を成長させる部分に対してアプローチする育毛剤の場合、髪の毛そのものに関しては悪影響を及ぼすものもあります。育毛剤を使うと髪の毛がバサバサになるようなタイプの育毛剤もあります。
髪の毛を生やすには良いものの、髪の毛そのものとは相性が悪いため、髪の毛がバサバサになる物もあります。トリートメントの併用が必須となるでしょう。

・副作用もいろいろですが
育毛剤の副作用は、そこまで気にする必要がないものもあれば、自分自身の体質とはあまりマッチしていないため、どうしても真剣に考慮しなければならない物もあります。
結局は自分次第になりますが、副作用があるタイプもあると理解した上で育毛剤と向き合うようにしましょう。個人差がありますので、「絶対に起きる」とは断言出来ませんが、「可能性がある」とだけは理解しておくべきです。